女性がうつ病にならない為の方法

女性は男性よりもうつ病になりやすいです。女性は男性よりも繊細な人も多いですし生理の影響もあるので、うつ病になりやすい。

そこで今回は「女性がうつ病にならない方法」についてご紹介していきます。

なるべく外に出る

女性の中には家事手伝いの人や副業で家に引きこもっている人がいます。

しかし、引きこもりはうつ病になりやすくなるので、かなり良くない!家の中に居続けては変化が無くて、フラストレーションが溜まる一方です。
なので、積極的に外に出るようにしてください。

体を動かすことで、汗をかきストレス解消を出来ますし、何より外に出れば太陽に浴びてセロトニン分泌に繋がら理ます。セロトニンはポジティブになるには大事な事!
なので、晴れた日は積極的に外に出てください。

物事を深く考えない

女性の中にはとても繊細な性格で物事を深く考えてしまう人がいますが、それは良く無いです。
現代社会はストレス社会。

いちいち、物事を繊細に考えていたら体がついていけません。なので、もし物事を繊細に考えてしまいがちな人がいたら「面倒くさいからどうでもいいわ」と逃げてください。

趣味を持つ

無趣味の人もうつ病になりやすいです。無趣味の人は日ごろのストレスを解消できないので結果的にストレスに潰されてしまいます。
なので、無趣味の人は積極的に自分に合う趣味を見つけてください。趣味が1つでもあれば「仕事をした後に趣味で休憩」という生活がリズムが良くなります。

私のオススメの趣味は「散歩」「カラオケ」ですね。散歩はタダで行う事が出来ますし、何よりも近所の人と仲良くもなれるので、得られる物が多いです。
カラオケも平日に行けば安いお金で、ジュースを飲み放題ですし、防音壁のおかげで大声で熱唱をし放題!

バランスの良い食事を摂る

食事が洋食に偏るとイライラしやすくなります。最近はファーストフード店のメニューが美味し過ぎて洋食ばかり食べてしまう人がいますが、それではダメ!
和食は栄養がありますので、食べて損は無いです。

愚痴を吐ける場を作る

愚痴を吐くのはかなり大事。イライラは家族や友人に愚痴を吐けばすぐに解消できます。
もし、一人暮らしだったり、友人があまりいない人の場合は「SNS」「ネットの悩み掲示板」「自分のブログ」などで愚痴を書くのが良いです。

うつ病対策はたくさんあります

このようにうつ病対策の方法はたくさんあります。
うつ病になったら治療に時間が長くかかってしまうので、できればうつ病にかからないように!

関連記事

Copyright © 「メンタル強化」が美容にも大いに関係あり!内側から美しい女性になろう, All rights reserved.